DVDレンタルショップのアルバイト|稼げたバイトの話

映画が好きだったこともありレンタルショップで働くことにしました。

レンタルショップは曜日によってキャンペーンなどを行うためその日は多少混雑しますが、平日の昼間などはあまり忙しいということはなく辛いなと感じたことはありませんでした。

同僚はみんな映画・アニメ好きな人ばかりだったので、暇な時間帯はそんな話しでもちきりでした。

好きな俳優や監督の話し、アニメのキャラクターの話しなどから始まってマニアックな話題もよく出てきました。

私自身かなりの映画好きだったのですが、知識量も上には上がいるんだなと感じさせられたほどです。

自分の友達の中にも映画が好きな人はいますが、こんなに一箇所に映画愛が強い人ばかりが集まることってそうありません。好きなものが一緒ということもあり、みんなとてもフレンドリーで中良しな職場で今まで働いた中では一番働きやすいなと感じました。

大手レンタルショップだったので給料も悪くはなく、平日昼間でも時給は900円以上ありました。

重労働ということは全くありませんし、せいぜいビデオ程度の重たさのものしか持ちませんので楽です。

1日エアコンが効いた部屋での仕事ですので快適ですし、何より社員割引で新作ビデオやDVDが安く借りられるのは大きなメリットだと感じました。

新作商品が入ってきたらまず最初にチェックしておけますし、貸し出し商品が戻ってきた時に自分がレンタルするために取り置きしておくことも出来るのが嬉しいです。

基本的に立ち仕事なのでデメリットを強いて挙げるなら、立ちっぱなしで足がむくみやすいということくらいです。毎日仕事終りにはふくらはぎをマッサージするようにしていました。

仕事内容はお客さんへのレンタル商品の貸し出し業務がメインです。まず最初に覚えたことはレジの処理の仕方でした。

次にレンタル商品を棚に戻す作業、棚の整理作業などです。

貸し出しは慣れてしまえば簡単ですが、中には18歳以上しか借りられない商品もあるためきちんと会員証で確認する必要はあります。

たまに新規会員さんの登録もありましたが、みんなパソコンの画面で出来るのでそれ程難しいということもありませんでした。

キャンペーンで安くなる曜日があるのですが、そういう変則的なことはあるものの、レジでバーコードを読めば自動的に対応できるのでとても単純です。

バーコードを読み込んでレンタルする日数を聞くというだけで、あとはレンタル用の袋に入れて渡すだけなので梱包作業なども非常にシンプルです。

レンタル商品を棚に戻す作業、新しい商品の登録作業などは結構楽しい仕事でした。

レジだと立ちっぱなしなので疲れてしまうのですが、店内担当だと動き回るのでちょっと身体も楽なのです。

棚に商品を戻しながら、知らない作品も一緒にチェックしたりできて面白い発見があります。

店内の担当で困るのが、お客さんに商品のことを質問される時です。あの俳優さんが出ている作品を探しているというのはまだ分かります。

レンタル商品の中には音楽もたくさんあるのですが、歌の歌詞の一部だけを歌われてこの歌知りませんかと言われる時が困ります。

たまにお客さんが横文字のアーティスト名を間違えて覚えている時などは、もう連想ゲーム状態でひらめくまで時間が掛かってしまいます。

困った時は先輩に聞くとすぐに答えが貰えるので、感心してしまいます。映画は好きですが、好きなジャンル以外についても働き始めてからかなり知識は豊富になりました。

映画やアニメの知識が全くない!という人だと、レンタルショップで働くのは難しいかも知れません。

ですが映画好きと言う人なら楽しめる職場であることは間違いありません。ただ、自分で作品についての情報を取り入れたり、知識を身に付けていく努力も必要です。

期間工で働いた体験談|仕事内容やお給料などの話